« 2014.5.4 連休中の美化ボランティア | トップページ | 2014.5.10 町田堀ウォッチング »

2014年5月 7日 (水)

2014.5.5 EM菌投入と六ヶ村堀300m下流

5月5日(月)の朝は恒例のニヶ領用水六ヶ村堀へのEM菌投入日でした。
25年度としては来月6月が最後の投入となり、市による水質検査も行われることになっており、その結果によって、EM菌の水質浄化機能も判定されるのです。

それだけに今後につながる方法をいろいろと考えているところです。まず、活性液は隅々までよく散布することです。また、円筒分水から溢れる壁面の洗浄等は汚れの原因ですので、念入りに行いました。その後、活性液200リットルを祈る気持で丹念に注ぎ入れました。

それにしても、見学者は今日も大勢来場し、いろんな質問をされましたが、その中のご近所の一人は、最近水はきれいですが、この1年は見るたびにキレイになり、気になっていた水らしくない匂いが薄れてきた、と言ってくれました。なんと嬉しい言葉でしょう!感動しました。分かってくれる方々もいる(?)…と、力をいただきました。

帰りに、久しぶりに六ヶ村堀の下流蓋かけ道路を歩いて、300mほど行くと、国道246号線近くに水切り桝を発見しました。蓋を開けると水が流れています…? ここで検査してEM菌投入後の水質の変化を調べて見ることにしよう! 地中堀の彼方から希望の光が見えた気がします。

20140505a 20140505b 20140505c

(文・写真:阪口)

« 2014.5.4 連休中の美化ボランティア | トップページ | 2014.5.10 町田堀ウォッチング »

コメント

貴グループは、信頼できる、しっかりとした環境ボランティアだと思いますので、以下の点を、充分にご注意下さい。

「EM菌を投入している場がきれいになった」ということと、「EM菌の効果で水がきれいになった」ということは違います。 

 EM菌の効果を証明するには、同じ条件で、EM菌を投入した場と、しない場の比較が必要です。そのような実験で、EM菌の効果が確認された例は未だありません。

 現在までに行われている、比較実験では、「EM菌は効果が無い」「EM菌投入は悪影響がある」のどちらかのみです。Webで検索して調べて下さい。

水がきれいになることはすばらしいことですが、最近は、いろいろな要因(排水の規制など)で、きれいになるところが増えています。それは、多くの方々、団体の長年のご努力によるものです。EM菌を推進する方々が、その結果のみを「成果」として、とりこんでしまう動きに、充分にご注意下さい。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1644688/56092270

この記事へのトラックバック一覧です: 2014.5.5 EM菌投入と六ヶ村堀300m下流:

« 2014.5.4 連休中の美化ボランティア | トップページ | 2014.5.10 町田堀ウォッチング »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ