« 2015.2.1 美化活動報告(四つの橋に横断幕設置) | トップページ | 2015.2.24水質調査 »

2015年2月22日 (日)

2015.2.21美化ボランティア活動&たかつボランティアまつり

2月21日(土)は朝から美化ボランティア活動、午後は福祉パルで「たかつボランティアまつり」がありました。

2月中旬、まだまだ春めかず、日本列島全体が大きな冷凍庫の感がありますが、この日は朝から明るい日が射し、気温も最低0度最高11度という予報で、何かいいことありそうな予感が…?

午前中実施した美化ボランティア活動では、NWFメンバーと6名、ボランティア申し出の方々3名と、いつも元気に参加される末日聖徒教会から宣教師の方々の他に中学生など9名を加え、計18名が春先の水路に列を作り、久しぶりに中原区境に近い第三京浜国道下まで足を延ばしました。
水路は前夜の長雨のせいか黄緑色に濁り、水中のゴミ収集はどうみても無理な状況でしたが、下流部は今年初の清掃ということもあり、水中のゴミを見つけてはマジックハンドで引き上げました。最近は捨てられるゴミが減りずいぶん景観が良くなっているのですが、境橋まで水路沿いの道のゴミをすべて拾って文字どおりの清掃活動となりました。

20150221a 20150221b

午後は福祉パルが開催する『たかつボランティアまつり』に参加しました。
30以上の福祉関係のグループや団体が、てくのかわさき2階ホールで、それぞれ好き好きにパネル展示と出し物を披露しあいました。この日のメインは、古渡智江さんを中心とした合唱団で、メンバー20名が聞き慣れた歌の数々を熱唱しました。
NWFからは二人だけの参加でしたが、150名満席のお祭りを楽しみました。
その中でNWFの活動紹介を、5分のトーキングとマジックハンドでゴミ収集実演をしながら、ゴミを出させない工夫、ポイ捨て防止、路上喫煙禁止の川崎市条例を、横断幕を使って訴えかけてみました。手応えは十分あったことに、小さな満足感を実感した次第です。

20150221d

(写真・文:阪口)

« 2015.2.1 美化活動報告(四つの橋に横断幕設置) | トップページ | 2015.2.24水質調査 »

コメント

2月21日には、美化ボランティア活動と、たかつボランティアまつりがありましたが、実は、その途中で緊急事態が発生しました。いつもお世話になっている大山街道ふるさと館のYH様から、『高津小学校4年生の女子二人から、二ヶ領用水を清掃しているボランティアの方に話を聞きたい!と言って来ている。3時30分に来てほしい!』と電話がありました。
少し遅れましたが、二人はすでに来ていて、緊張した面持ちで待ってくれていました。私はさっそく、自己紹介、こどものころの水にまつわる思い出などを話し、打ちとけたムードで二人の緊張をほぐしつつ、質問に答えていきました。
質問は準備してあったのか的確でした。
(1)ボランティア清掃していてつらかったことは何ですか?
(2)反対に嬉しかったことは?
私は、「つらかったことはないですが、水路のゴミは、ビン・カン・ペットボトルに加えて、道端に捨てられているタバコの吸い殻が多く、大人の捨てたゴミをこどもに拾わせるのは何より辛いです。」と答えると、子供たちは悲しそうな目をしていました。
「嬉しかったことは、地域の住民の皆さんの『ありがとう』の言葉と、水路を自分の庭のようにきれいにしてくれている場面に出会った時かな~」と答えました。「時間ができたら手伝ってくれるかな~?」と誘ったら、眼を輝かせて頷いていました。やはり、美化はこどものころから植付いていけばと強く思った次第です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1644688/59028419

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.2.21美化ボランティア活動&たかつボランティアまつり:

« 2015.2.1 美化活動報告(四つの橋に横断幕設置) | トップページ | 2015.2.24水質調査 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ