« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

2015.2.24水質調査

2015年2月もあと1週間、まだ寒さが残る中、定例の水質調査を実施しました。前日の雨の影響は全く無かったかのように、二ヶ領用水は比較的澄んだ水が流れていました。上流部はいつもと同じくらいの水量でしたが、宿河原堀は水門が閉まっている状態に近いのか、とても水量が少なく、いつもは水没している部分が干上がっていました。宿河原橋では、干上がった部分に真っ白な水がたまっていました。近くの排水管から流れ込んだと思われます。(写真1)流れている水のCOD値は、通常どおり、悪くない値でしたが、今なお、汚染水が流入しているのを見るのは、とても堪え難いです。bearing
久地円筒分水では、梅の花が咲いていて、春が近いことを知らせてくれていました。(写真2)

20150224a 20150224b


2015年2月22日 (日)

2015.2.21美化ボランティア活動&たかつボランティアまつり

2月21日(土)は朝から美化ボランティア活動、午後は福祉パルで「たかつボランティアまつり」がありました。

2月中旬、まだまだ春めかず、日本列島全体が大きな冷凍庫の感がありますが、この日は朝から明るい日が射し、気温も最低0度最高11度という予報で、何かいいことありそうな予感が…?

午前中実施した美化ボランティア活動では、NWFメンバーと6名、ボランティア申し出の方々3名と、いつも元気に参加される末日聖徒教会から宣教師の方々の他に中学生など9名を加え、計18名が春先の水路に列を作り、久しぶりに中原区境に近い第三京浜国道下まで足を延ばしました。
水路は前夜の長雨のせいか黄緑色に濁り、水中のゴミ収集はどうみても無理な状況でしたが、下流部は今年初の清掃ということもあり、水中のゴミを見つけてはマジックハンドで引き上げました。最近は捨てられるゴミが減りずいぶん景観が良くなっているのですが、境橋まで水路沿いの道のゴミをすべて拾って文字どおりの清掃活動となりました。

20150221a 20150221b

午後は福祉パルが開催する『たかつボランティアまつり』に参加しました。
30以上の福祉関係のグループや団体が、てくのかわさき2階ホールで、それぞれ好き好きにパネル展示と出し物を披露しあいました。この日のメインは、古渡智江さんを中心とした合唱団で、メンバー20名が聞き慣れた歌の数々を熱唱しました。
NWFからは二人だけの参加でしたが、150名満席のお祭りを楽しみました。
その中でNWFの活動紹介を、5分のトーキングとマジックハンドでゴミ収集実演をしながら、ゴミを出させない工夫、ポイ捨て防止、路上喫煙禁止の川崎市条例を、横断幕を使って訴えかけてみました。手応えは十分あったことに、小さな満足感を実感した次第です。

20150221d

(写真・文:阪口)

2015年2月 5日 (木)

2015.2.1 美化活動報告(四つの橋に横断幕設置)

2015年2月1日(日)寒風荒ぶ中、ゴミの減量を念じて、NWFのメンバー7名とボランティア参加者1名の計8名が、高津区溝口周辺の四つの橋(新雁追橋、曙橋、浜田橋、西浦橋)に路上喫煙・ぽい捨て禁止の横断幕を、設置しました。

20150201a 20150201b

20150201c 20150201e

二ヶ領用水の水中や水路周辺のゴミを回収をして、『水路の美観を保全し、水路からまちをキレイにすること』は、我々ボランティアにとってもすがすがしい気持が味わえる至福の活動です! さらに道行く方々から『いつもありがとう、お陰様で日々気持良く過ごしています~!』なんて誉められますと、嬉しく舞い上がる気分になり、疲れも吹っ飛びます。最近は、こども達とのコラボ活動も多くなり、元気なこども達の歓声に囲まれると、一日中幸せな気分になります。

だからと言って、我々はゴミ回収を楽しみに活動している訳ではありません。道行く人々や、街の皆さんが自発的にゴミのない水路を目指し、キレイなまちづくりがなされていることに越したことはありません。そのような水路になれば、こども達も、われわれボランティアも最高の幸せで満たされることでしょう!
そのような水路やまちづくりのためにどうすればいいのか?

こども達は口を揃えて叫びます。
『大人がゴミやタバコの吸殻を捨てないようにすればいい~!』と。
また『市長も、条例で定めた、路上喫煙や散乱防止を本気で進める』と12月の車座集会で市民に約束しました。
あとは市民も素直に従えば、まち美化は一気に進むと思います。
かわさきがそのトップランナーになれば、2020年のオリンピック・パラリンピックまでに世界一になれることと思います。

(文・写真:阪口拓造)

2015年2月 4日 (水)

2015.1.31 二ヶ領用水案内と地域美化活動紹介

末日聖徒イエス・キリスト教会は二ヶ領用水川崎堀の畔に建つ教会ですが、2年前の3月、ひょんな出会いで宣教師の方々と仲良くなりました。
私達がマジックハンドで水路の美化ボラ活動をしていると、彼らが興味を示して人懐っこい目で尋ねてきたのでした。
『やって見るかい~?』…それが最初で、こども文化センターとのコラボ清掃や会員会友の美化ボラ自主活動に熱心に参加されるようになりました。
彼らは各国からきて布教活動を行う年若い青年男女で、聖職に就いているからか、礼儀正しく律義でボランティア精神に溢れています。
どこまでも優しく強く、惚れ惚れする若者たちでした。

その魅力的な若者と我々NWFを結びつけ、この美化ボランティア活動をコラボレーションに育て上げてくださっている小野様が、今回の地域説明会の企画一切を演出してくださいました。
会場は教会4階の礼拝堂で、プロジェクターに音響装置、館内案内、などなど至れり尽くせりのご配慮に感謝でいっぱいです。参加者呼び込みも手配していただき、地域の参加者が少ない中、教会関係者を中心に27名が定刻に集合していただき、まことに、お礼の言葉もありません。
まだまだ地域の力を結集できたとは言えませんが、町会長や商店会長を回ってPRできたので、いずれ力になると信じています。

20150131a 20150131f

まずは、DVDで二ヶ領用水の見どころを紹介し、素晴らしい景観を映像で楽しんでもらいました。続いて、現実の用水の実態と我々の美化活動を紹介するDVDで、ゴミ数多のところで清掃に励む映像も見ていただきました。その後、実際にマジックハンドを使って、水中や水路のタバコの吸殻などをキレイにする方法を参加者が模擬体験していただきました。その上でぽい捨て防止と路上喫煙禁止の条例を紹介し、ゴミのない水路、タバコの吸殻が始末されるまちづくり、水路から始めるまち美化を念じて、終了しました。
参加者27名の内、美化活動体験希望者が7名もあったことは嬉しい収穫で、地域の力を実感した次第です。

20150131e 20150131h

(文:阪口拓造、写真:田口様)


« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ